ランの見える家 

豊田市・I様邸

■ 建物の概要 

主要構造 :鉄筋コンクリート造
薄肉ラーメン構造
敷地面積 :774.49㎡
建築面積 :416.48㎡の一部改築
延床面積 :506.41㎡の一部改築

敷地周辺は、昔ながらの家屋が多く残る地域です。
本敷地内においても、同様の家屋が軒を連ねていますが、
今回、その一部を建替えるご要望を頂きました。
敷地周辺は、プレファブ住宅への建替えや、この地域に
点在するお蔵の外壁が鋼板パネルに張り替えられたりと、
昔ながらの家屋が完全に保存されているわけではありま
せん。
このような状況から、一部の建替えを、調和という手法
ではなく、新たな地域環境を形成すべく、昔ながらの家
屋とは異質なコンクリート打放しの建物を打ち込むこと
としました。
内部空間では、LDKから吹抜けを介し、ランを眺める
ことができます。クライアントさんがランを自ら栽培す
る趣味をお持ちで、今回の一部建替条件として、最も日
当たりのよいところにサンルームを設ける必要があった
ため、2階南側にサンルームを配し、そのサンルームで
栽培されるランの姿を、家族が集うリビングから眺めら
れる空間構成となっています。

 

 

メールでのお問い合わせ・資料請求

上部に戻る